スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

女性の方は気をつけましょう

今日体調悪くして寝てたらインターホンが鳴った。
オートロックなのに玄関のインターホンが鳴ってるから
隣の人かと思ってドアレンズ覗いたらはっきりは見えなかったけど
若い男だった。ガキくさい感じの。

無視するべーと思ってたらまた鳴る。
それでも負けずに無視してるのにまた鳴らしやがる。

なんだこいつ?!留守じゃないってばれてんのか??
と思いつついい加減ムカついたもんでキツイ感じで
インターホン取って「はい・・・?!」つったら

「新聞ですけど渡すものあるんで」だとーー!?

なんだてめえ。普通新聞屋は新聞名くらい言うだろうが!

「でなんなんスか?」
「いや渡したいものがあるんで」
「今出れないんで結構です」
「じゃあまた来ます」
「いやいいです!!」

  ガチャン!!


いやーただの新聞屋の兄ちゃんだったのかもしれんけど
女の人はああいう奴が来たら絶対ドア開けちゃいけませんよ。
腹立ったのと薄気味悪いのとでとりあえず書いとくことにしました。



スポンサーサイト

2007年09月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:2

服部まゆみさん

彫刻家でミステリー作家という異色の経歴を持つ服部まゆみさんが先月亡くなったそうだ。
まだ58歳という若さだったのに。
驚いた。そして残念。

なので彼女の作品の感想を書きたくなりました。


ミステリーは好きだけどかなり選り好みをしていて島田壮司・高村薫・京極夏彦・東野圭吾あたりしか読まなかった自分が、「どんでん返しがすごい」との噂を聞いて手に取ったのが服部さんの「この闇と光」だった。

色彩や香りを効果的に使った文章は女性的で耽美な印象だけど伏線の張り方や構成がしっかりしていて、硬質なミステリーとは違った意味で楽しめる作品。

でもミステリーとは言い難いような気がする。
いやミステリーと純文学どちらの要素もある作品というべきか。

とにかく彼女の新作がもう読めないと思うと悲しい。




2007年09月12日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

HUNTER×HUNTER復活?!

ちょっと前から噂になってるけどマジなんだろうか。
このニュース聞いたときはテンションあがったけど
期待すると痛い目みそうだから自重しよ。

ハンターは娯楽漫画としてかなり面白いから未完で終わるのは
もったいない。
コミックの24巻も10月4日発売らしいからやっと23巻の続きが
読めると思うとやっぱり嬉しいもんがある。

つっても実際発売されるまでは安心できんしなー
頼むぞ冨樫・・・


全く関係ありませんがうちのちびの幼かりしころ
うちの



2007年09月11日 未分類 トラックバック:0 コメント:1

沢尻エリカ様

今ビストロに出てるけどやっぱりめちゃめちゃかわいい。
うおー。超好みだ。
ぶりっこっぽくないとこがいいのだ。
こんな髪型してかわいいのは奇跡。
欧陽菲菲くらいしか見たことねーぞこんな髪型。

パッチギ見て清純さに惚れたけど化粧濃くてもかわいい。
かわいげはないけどなー

と思ってたら小池徹平のCMが流れた。
なんじゃこの生き物ってくらいかわいい。
共演してる女の子がかわいそうになるくらいだ。
しかもかわいげもある。


迷うところだ。



2007年09月10日 未分類 トラックバック:1 コメント:0

おおきく振りかぶって

ではおもむろにマンガの話。

実はだいぶ前から名前だけは知ってたけど野球に全く興味が無くてスルーしてた巷で有名な「おお振り」。
あまりにもヒマな時にニコニコでアニメを見て以来ハマってコミック大人買いしちゃったヨ!

これは面白い。腐女子に大人気って聞いて避けてたけど見てよかったと思った。まあ腐女子に人気なのもわかるけど。
アニメもよくできてる気がする。(アニメにそんな詳しくないからよくわからんけど)
漫画の方ももちろんすげー面白い。買ってよかった。

というわけでちょっと以下に感想でも。




今まで読んだことないタイプの野球漫画で、野球好きじゃなくても楽しめるのがスゴイ。
一番好きなのは練習とか合宿とかのシーンなんですが、
「そのトレーニングをすることの意義」を丁寧に分かりやすく説明されてて
個人的にそういう科学的根拠とか理論とかを知るのが好きだからそっからハマった。 

キャラも立ってるしストーリーも面白い。
キャッチフレーズが”青春をやり直したくなる漫画”(うろおぼえ)らしいけどこれマジです。

もし読んだこと無くて、おもろい漫画探してますって方はぜひ読んでみてください。

男から見ると、うはwwねーよwってシーンもたまにあり。

【一応あらすじ】
コントロール抜群だけど球速は遅くてものすごく卑屈でコミュニケーション下手なピッチャー・三橋と強引な俺様野郎だけど優秀なキャッチャー・阿部のバッテリーを中心とした西浦高校野球部がチームとしてまとまっていく様子を描いた話。






2007年09月10日 未分類 トラックバック:1 コメント:0

| ストレスに効く薬TOP |

| このページの上へ |» 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。